25CmFRPドブソニアン

1985年のハレー彗星ブームの頃製作した25Cm経緯台です。スカイウオッチャー誌に紹介されたのでご存じの方もいるかも。フィルムからデジカメに落としたので画像が汚いですが、我慢してください(^^;。
初めてオールFRPでマウンティングを作った望遠鏡です。鏡はアメリカのクールター社のミラーで、F4.5です。なかなか良い鏡で、250倍くらいまでしか試しませんでしたが、シャープな惑星像も見せてくれました。

当時はドブソニアンが大流行で、日本ではミラーボックスに柱を立てたタイプのドブソニアンが主流でしたが、観望会などで覗くと、残念ながら迷光を拾ってしまって大変コントラストが悪く、チューブ鏡筒の必要性を実感させられました。覗かせてもらっておいて言うのもなんですが゜゜(o )☆\(--;)バキ

考えてみると、コントラストということを初めて意識して作った望遠鏡だったかもしれません。お陰様ですばらしいハレー彗星を見ることが出来ました。

◆主鏡セル
FRPのしなりを利用した簡易型の9点式セルです。主鏡をバンドで吊るタイプで、鏡の転倒防止用のストッパーを3カ所に取り付けるようになってます。3角板は小さなゴム板を介してベースプレートと接着されていて、柔軟性を持たせてあります。光軸修正は3角板の下側にあるネジでベースプレートごと上下させて行います。ただ、25Cmにはちょっとつらい構造だったかもしれません。

斜鏡セル
斜鏡の中心点をずらさずに光軸調整が出来るようにと、妙に凝った造りの斜鏡セルです(^^;。実際、光軸調整の時には、2本の押しネジを動かすだけですみ、斜鏡を回転させるという作業が無く、とても楽でした。ただ、実際の仕様に際して、斜鏡の傾きが狂うことはありませんでしたので、あまり役には立ちませんでした(^^;。

構造がわかりにくいと思いますが、斜鏡表面の中心点(光軸が通るところ)を中心とした球面座が斜鏡の裏側にあり、球面座の表面をすべらせるように移動させます。斜鏡は受け側にスプリングで吊られていて、スムーズに動きます・・・・。

う〜ん、わかりにくい゜゜(o )☆\(--;)バキ
ということで、へたくそな図を書いてみました。斜鏡は5本のスプリングで吊られています。球面座と受け側との間にはナイロンが挟んであって、スムースに動くようになっています。