接眼部にはGS社製2インチクレイフォード接眼部を使用しています。

ファインダーはQuikFinderが標準装備。

鏡筒バンド形式の耳軸なので、各種アクセサリーを使用しても、微妙なバランス調整が可能です。

注意:耳軸の位置調整は必ず架台から鏡筒を降ろし、鏡筒を立てた状態で行ってください。
スパイダーは薄型のベーンタイプ4本足です。

斜鏡短径は63mm、オフセット無しです。
鏡筒下部で2分割出来るようになっています。

収納時や保管時には主鏡部分を外しておくことが可能です。
このように分割出来ます。接眼部側の鏡筒長は約1,120mm、主鏡側の鏡筒長は約200mm(重ねシロを除く)です。

重量は接眼部側が約6.4Kg、主鏡側が約6.1Kgです。
主鏡側鏡筒には写真のような蓋が付属します。なお、この蓋は各鏡筒に合わせて製作する一品製作品なので、カタログには載っておりません。

主鏡セルの主鏡固定金具は最小限の大きさですので、鏡筒を逆さまにして乱暴に扱うと、主鏡が外れる可能性があります。ご注意ください。

■上記仕様は標準仕様のものです。接眼部、ファインダー、筒外焦点距離、斜鏡径、鏡筒の分割位置等々、各種変更が可能ですので、お問い合わせください。ただし、別途費用が掛かる場合があります。

■部位によってライトグレーと黒を組み合わせることも可能です。なお、標準色(ライトグレー、黒)以外にも製作可能ですが、別途費用が掛かります。詳しくはお問い合わせください。また、塗装ではなく表面層に使用している樹脂の色のため、微妙な色合いはご希望に添えかねる場合もありますので、ご了承ください。

■現在お手持ちの光学系やパーツを使いたい、などのご要望もお受けしております。こちらもお気軽にお問い合わせください。